KOMITI TOKYO

2019.08.22

【ニューヨーク】ニューヨーカーの自由な総合格闘技観戦スタイル!「BELLATOR MMA」

NEWYORK

ニューヨーク旅行3日目。

午前中はセントラルパークを散策してジョンレノンに浸り、
(→詳細は「自由で平和なオーラに包まれる場所「Central Park」」の記事へ)
午後はアメリカ自然史博物館で恐竜に圧倒される。

 
歩き疲れたのでホテルで一旦仮眠…と思ったら、あっと言う間に夕方!
今日は18:30からマディソンスクエアガーデンで行われる「Bellator MMA(ベラトール)」を観戦予定!
慌てて地下鉄で「マディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)」へ向かいます。

 
地下鉄に乗り、10分ほどで「34 St-Penn Station」に到着。
そこから5分ほど歩くと、マディソン・スクエア・ガーデンが見えてきました!

ニューヨーク旅行 マディソンスクエアガーデン Madison Square Garden ベラトール Bellator MMA
格闘技が好きそうなごっつい男性が、たくさん会場に向かっています!
ニューヨーク旅行 マディソンスクエアガーデン Madison Square Garden ベラトール Bellator MMA
ここがロックの殿堂、マディソン・スクエア・ガーデンかぁ!
荷物検査を受けて早速中へ入ります!
少し遅めの到着。そしてまだ序盤のためか、会場は半数くらいが空席です。
 
日本人選手RENA(レイナ)の試合がちょうど始まったところでした。
間に合って良かった!

ニューヨーク旅行 マディソンスクエアガーデン Madison Square Garden ベラトール Bellator MMA

レイナが優勢に見えた試合も、相手の締めで落ちてしまい一本負け。残念。。涙
 
試合が終わったところで飲み物を買いに売店へ。
ニューヨーク旅行 マディソンスクエアガーデン Madison Square Garden ベラトール Bellator MMA
ビールとポテトを買うも、アメリカンサイズ!
(写真を撮るのを忘れてしまいました!)
ものすごい大きさに、テンションが上がる!
ポテト片手にビールを飲む!これぞアメリカンスタイル。
 

今回のベラトールは、RENAと堀口恭二以外の試合は全く知らない選手。
そのため観戦していても飽きてしまい、ものすごい大きさのポテトを食べる手が進む。。
 
日本の総合格闘技「RIZIN(ライジン)」だと、選手が入場する前に煽りVTRがあり選手の背景を知ることができる。
知らない選手だったとしても、そのVTRのお陰で気分が盛り上がる。
さらに各選手の入場も凝っていて、私のようなにわか格闘技ファンでもエンターテイメントとして飽きない。
 

しかしベラトールは試合メインでどんどん進んでいく。
入場前に紹介VTRがおまけ程度には流れるが、選手の背景が分かる内容ではないため感情移入ができない。
私の場合、細かい技が分からないため途中で飽きてしまいました。
純粋に総合格闘技の試合や技の掛け合いを楽しみたいMMAファンにとっては、試合数が多く楽しいのだろう!
 
私は総合格闘技が好きというよりは、その選手の生き様やストーリーが見たいというところで総合格闘技が好きなのだ。

他のスポーツでは、一人の選手の背景を試合前にフューチャーするようなことはない。

これが日本の総合格闘技の面白さだと思う。

そして日本のRIZINは、エンターテイメントとして改めてすごいと実感!
 
そんなことを考えながら、堀口恭二選手まで、ポテトとビールでしばし会場の雰囲気を楽しみます。

 
そしてお待ちかね。堀口恭二選手が入場!
完全にアウェイなので、入場時も歓声はなく…日本で見る光景とは全く別物。

ニューヨーク旅行 マディソンスクエアガーデン Madison Square Garden ベラトール Bellator MMA

日本人がアウェイでがんばる姿を見ると、感動です。

相手の選手がつまらない試合をするも、堀口恭二はなんとか楽しい試合へと持ってこうとする。
しかし、相手が全然動かない。。。
会場内は終始ブーイングの嵐。。。
 
そんな状況の中、最後には堀口恭二の判定勝ち!良かった
 
「ツマラナイ試合をしてごめんなさい!」と堀口選手。
「いやいや、悪いのはあんたじゃないよ。」とニューヨーカーたちの声。
 

どうなることかと思ったけど、よかった!!!

ニューヨーク旅行 マディソンスクエアガーデン Madison Square Garden ベラトール Bellator MMA
堀口選手の試合が終わると、疲れていたためか最終試合までほとんど寝てしまいました。。
そして起きてみると深夜0時。
最終試合の途中で帰ることに。

ニューヨークは24時間地下鉄が走っているので、試合も遅くまでやるのですね。
しかしとても疲れていたのでuberで帰ります。

アメリカの総合格闘技「Bellator MMA(ベラトール)」を初めて観戦して、面白かったのは試合よりも観客のブーイングや自由な観戦スタイル!

好きな選手が出ると、思いっきり大きな声を張り上げて応援。
その応援してる観客に対して、相手選手を応援している観客が大きな声で絡む。
そして観客同士で、相手選手の批判のブーイングの掛け合いが始まる。
「面白いジョークを言ってやろう」みたいな、周りを笑わせて楽しませる掛け合い!

つまらない試合の時は、それぞれがバーにいるかのように大きな声で日常会話を楽しんだり、知らない観客同士でブーイングの掛け合いを楽しんだり、ブーイングソングを歌ったり。。。
とにかくほんと自由!

 
日本の総合挌闘技「RIZIN(ライジン)」の会場とは全く違う!
つまらない試合でもブーイングはほとんどなく、みんな割と真剣に見ている。
もしくは静かに携帯を見ていたり、それぞれの選手のことを真剣に討論していたり。。

試合を応援するときは、選手に対して声援やアドバイスを送り、観客同士の掛け合いはない。
 
いやー、こうゆう国による違いっておもしろい!
観戦スタイルもここまで違うと、会場の雰囲気を楽しむことが一種のエンターテイメントになる。
ニューヨーク旅行 マディソンスクエアガーデン Madison Square Garden ベラトール Bellator MMA
ベラトールの試合を見て、また一つニューヨーカーを知れた気がします。
そしてニューヨークが一層好きになりました。

自由な観戦スタイルを見て、「これでいいんだ。」となんだか妙に気が楽になり、元気がでてきました。

また他の国でも、総合格闘技を見てみたい!

PAGE TOP