KOMITI TOKYO

2019.08.21

【ニューヨーク】自由で平和なオーラに包まれる場所「Central Park」

NEWYORK

ニューヨーク旅行3日目。
昨日の雨から一転。清々しく晴れた一日のはじまり!
ニューヨーク旅行 ローワーイーストサイド The Ludlow Hotel ルドローホテル 部屋
今日も早起き。そして外は快晴。
こんな日は、午前中からセントラルパークでのんびり過ごそう!

 
地下鉄に乗り、セントラルパークへの最寄駅「5 Avenue Station」で下車。
ニューヨーク旅行 プラザホテル フードホール THE PLAZA FOOD HALL
セントラルパーク近くの「プラザホテル」の地下に大きなフードホールがあるので、まずはそこで朝食を買います。
ニューヨーク旅行 プラザホテル フードホール THE PLAZA FOOD HALL

プラザホテルに到着!
ニューヨーク旅行 プラザホテル フードホール THE PLAZA FOOD HALL

プラザホテルは「華麗なるギャッツビー」など、数々の映画の撮影にも使われた場所。

ニューヨーク旅行 プラザホテル フードホール THE PLAZA FOOD HALL
「THE PLAZA FOOD HALL」への入り口は以外と小さいので、気をつけないと見逃してしまいそう。
そしてまだ10時前のためか、開いているお店が少ない。
朝食を買い、セントラルパークへ向かいます!

ニューヨーク旅行 セントラルパーク central park
セントラルパークに到着!
ビルに取り囲まれる中、巨大なグリーンが広がる。
お散歩をする人、マラソンをする人、家族連れで遊びに来ている人、、公園内には様々な人が集まる。

 
まずは朝食を食べるため、気持ち良い芝生が広がる「シープメドウ」を目指します。
しかし、15分位歩いてもなかなかシープメドウには到着せず…お腹が空いた。。
途中で気持ちの良さそうな場所を発見!
ニューヨーク旅行 セントラルパーク central park
椅子もあり落ち着いている。我慢できないのでここで朝食を食べちゃいます。
ニューヨーク旅行 セントラルパーク central park
馴染むような水色とグレーの落ち着いたパッケージ。
セントラルパークの鮮やかなグリーンの中でさらに引き立ち、コーヒーを飲むのも嬉しくなる!

ニューヨーク旅行 セントラルパーク central park
旅行3日目ですが、まだ少し疲れが。。
公園の澄んだ空気の中ストレッチ。
気持ちの良い空間に心も体も解放されて、自然と体を大きく動かしたくなります。
気持ちいい!この3日間の疲れが、マイナスイオンにより浄化されていく。。
 
ゆっくり休憩できたところでシープメドウに向かいます。
ニューヨーク旅行 セントラルパーク central park
シープメドウに到着!しかしお手入れ期間のため、入れません。
入っているのは、りすだけ。笑

ニューヨーク旅行 セントラルパーク central park
通りゆく人は、うさぎに釘付けです。なんて平和なんだろう。。笑

 
少し歩くと、「Strawberry Fields(ストロベリーフィールズ)」に到着!

ニューヨーク旅行 セントラルパーク central park ストロベリーフィールズ Strawberry Fields
この場所だけ写真を撮る観光客でいっぱいです。

ジョンレノン風にコスプレ(?)したおじさんが「Imagine」をギターで引き語り。
上手くはないのに、おじさんの歌でこの場所がさらに和やかになる。

そしてストロベリーフィールズは、とても平和で穏やかな空気が流れています。ジョンレノンのパワーってすごい。

ここが、ジョンのお気に入りの場所だったことも深く納得!

 

少し歩くと、ジョンレノンが住んでいた「ダコタハウス」に到着。
ニューヨーク旅行 セントラルパーク central park ストロベリーフィールズ Strawberry Fields
ここで生活し、セントラルパークを散策してたくさんの名曲を生み出していたと思うととても考え深い。

セントラルパークに来た後に、改めてimagineを聴いてみると泣けてきてしまう…

今まで何気なく聞いていた曲も、ジョンが曲を生み出した場所を知り、そしてこの平和な空気感を体感すると、音楽と歌詞がよりリアルで鮮明なものになり心に突き刺さる。

曲が流れるたびに、この平和な風景を思い出し、ジョンがセントラルパークを散歩していた心情を空想する。

ジョンレノンの曲を聴くという何気ないことが、自分の中で感情を揺さぶられる大きなこととなった。

ここに来れて良かった。

 
ベンチに座り通り行く人をぼーっと眺めているだけでも、とても平和な空気が流れている。
ニューヨーク旅行 セントラルパーク central park
絵描きにきてる子供達、観光の馬車、親子連れ、カップル、観光客、、、
みんな幸せそうな顔をして歩いている。

この風景がとても心地良く、何時間でも座っていられる。

 

セントラルパークは、
個々違って当たり前、という人がつくる自由な空気、
ジョンレノンが愛した場所を共有する穏やかな空気、
セントラルパークを取り囲む発展し続ける街、
公園を大切にキレイに使う緑を大切にする心。…
そのような場所、人、緑、街、、、様々な構成要素が重なり、穏やかで熱いオーラを放っている。
 
大自然の壮大なオーラとは違う、ニューヨークという熱量の高い発展する街の中にあるからこそ放つ「自由で平和なオーラ」。

そんな都会の巨大なオアシスにいると、心地の良いパワーが体の中から湧き上がってきて「がんばろう!」と思える。

 
ニューヨーカーのパワーの源、セントラルパーク。
ここに来れて本当に良かった。

PAGE TOP